Q&A

【体験農場編】


Q1. 「はたけの学校」や「たんぼの学校」などの場所はどこですか?
A. それぞれの学校やコースによって、使っているたんぼや畑はことなりますが、いずれも拠点に利用している曽我みのり館(小田原市の施設)から徒歩7〜8分以内のところに点在しています。
地図はこちら

Q1. たんぼの学校・はたけの学校で必要な農具や、服装は?
A. 1)はたけの学校で必要な農具の主な物は、鍬と草刈鎌です。草刈鎌は各自で準備することになりますが、鍬については、持っている方はそれをお使いください。持っていない方には、レンタル鍬を利用することができます。
2)たんぼの学校で必要な農具は、特にありません。稲刈り鎌はNPOが用意します。たんぼに入る服装は、田植えは、ゴム長靴(たんぼ用がおすすめ)・またはハイソックス(地下足袋の代用)・または裸足、帽子、汚れても良い服装で。草取りや稲刈りは長袖の着用をおすすめします。

Q1. たんぼの学校は、初級コース、中級コース・・・といろいろありますが、どこのクラスに入ってもいいのですか?
A. 初級コースは、初心者を対象としています。田植えは、手で植え、稲刈りも手がりをします。インストラクターが楽しく指導していきます。
中級コース以降は、それまでに田植えや稲刈りなど米作りを体験している方でしたら、入ることができます。田植え、稲刈りとも機械を使った農作業をします。
中級コース以降は、自主的に運営します。活動日や時間などは参加者の話し合いできめます。

Q1. 駐車場はありますか?
A. 拠点に利用しているみのり館には駐車場が完備されています。

Q1. イベントや体験農場への参加は誰でも申し込みができますか?
A. 体験農場は会員が優先となります。参加には会員になって頂く必要があります。
会員の案内はこちら